オフロードレーシングに最適なトラックが新登場! リアリティー、耐久性、操縦性、そして「楽しさ」が一体になったトラック、ミニトロフィー!
HPIとTSAモータースポーツのコラボが実現!
1/10スケール 4WDブリッツが新登場?それともフルサイズのショートコース用プログラムの告知なのか、と思っている人も多いかもしれません。しかし、HPIが今回お知らせするのは、みなさんが想像されたのとは、ちょっと違います。楽しいこと請け合いのお知らせです。それは、「1986年から楽しさを提供し続ける」HPIのモットーそのものです! HPIは、TSAモータースポーツ(Dallas Luttrell氏とBill “Wild Bill” Billington氏)と組み、オフロードレースの原点「デザート」に焦点をあてました。 Dallas and Billの二人は、TSAモータースポーツのクリエイティブを担当しています。彼らのデザートレーシングへの意気込みは、シンプルでありながらも、計算された彼らの創造力を存分に反映。TSAが開発した最新トラックは、型破りのレーシングトラックです。それも、彼らがダカールラリーなど世界的なオフロードレースを初めとするデザートレースを研究しつくしているからこそ生まれたトラックです。アメリカのトロフィートラックと比べ、ダカールラリー用レーシングカーが、様々な路面をどの様にハンドルしているのか、多くのレーシングチームが、その様々な路面にどの様な戦略で挑んでいるのか、研究に研究を重ねました。それは、TSAがスポーツ界のトップを目指し、また人とは違ったことをしてみたいという冒険心が多いからなのです。大きさや早さだけにこだわり、今まで同様「大型トラックがデザートレースを制覇する」と信じている人たちがいる反面、大きさにこだわるのではなく、彼らの信じる夢が、レースへの情熱としてのエネルギー源となる場合もあるのです。それを、TSAが実証しています。 巷では「プリランナー」、デザートレース装備のストリートトラックなどと呼ばれているSNOREシリーズというレースに、ここ数年DallasとWild Billは熱を入れていました。観客としてレースを観戦していた二人は、2008年トヨタ タコマの在庫パーツで何か出来るのではないかと思いつき、2009年SNOREシリーズ、7200クラスのトップ5内4種の車を開発することを実現しました。TSAチームが記録を破ることも、メジャーなチャンピオンシップを奪うことも出来なかったTSAにとって、この開発は精神的な強さを見せつけた形になりました。TSAのタコマ トラックは、他のデザートトラックと、さほど変わりはありませんし、観客の駐車場に停まっているトラックに近いものがあるほどです。
TSAが新しいトラックを開発し、HPIも新しいトラックを開発…
2010年に入り、TSAモータースポーツ キャンプは、極秘活動をし始めました。DallasとWild Billは、2009年にトヨタ タコマをレースさせ、試験的にシャーシを開発していたのです。HPIと協力し、幾度にも渡るテストデザインを経て2010年初期、更に新しいシャーシを開発し、テストを重ね、デザインコンセプトを完成させました。 ナイトロMTシリーズや、ウイリーキング、クローラーキングシリーズ、サベージモンスタートラックなど、耐久性で世界的に有名なトラックを開発してきた、トラックに情熱を持ったHPI 米国本社の開発者、西根秀一氏も、同時期にデザートトラックの開発に取り組んでいました。
ミニトロフィー 4WDデザート トラック プロジェクト
TSAとHPIのミニトロフィー プロジェクトが同時進行していくなかで、西根氏はインディペンデントサスペンションデザインを採用することに。R/Cカーには一般的なインディペンデントサスペンションデザインも、実車のオフロードレースカー、特にトラックに使用されることは稀ですが、TSAは実車デザートトラックにもこのデザインを採用することに決定しました。TSAは、7200クラスのレースに参戦できる、4シリンダーピックアップトラックであるトロフィートラックのミニチュア版をデザインしました。最近のミニチュアトラックは6シリンダーで、あまりミニチュアと言える大きさではありませんが、6,000ポンド以上で800馬力のトロフィートラックに比べれば、7200クラスのトラックはミニチュアトラックと言えるでしょう。TSAは、FordのHESCO製6シリンダーエンジンを採用しています。HPIは、「ミニトロフィー」というニックネームが気に入ったので、1/12スケールの4WDデザートトラックにも、同じ名前をつけました。ミニトロフィーについての詳細は、RC関連サイト、もしくは実車モータースポーツ関連ニュースをご覧下さい。
リアリティー
今回HPIは、誰もが望む実車のリアリティーさを、実車オフロードデザートチーム、TSAと協力することで、リアリティー溢れるトラックを提供することができました。今回のプロジェクトの興味深い点は、TSAがHPIのミニトロフィーのスタイルを実車7200クラストラックに再現したことです。そう、HPIのミニトロフィーが先に誕生していたのです。
耐久性
バンパーからアームまで、ありとあらゆる大切な部分には、最高級で高剛性のあるナイロンを使用。業界で知られるHPIの耐久性のすごさが、誰もが楽しめるトラック、ミニトロフィーを実現させたのです。
操縦性
四駆が、走りを容易なものに変えました。ブラシレスシステムを採用することで安定性を実現し、更にコントロールも容易にしました。ミニトロフィーは、やわらかい泥地でも難なく走ります。例えば、スロットルオンでリアが滑ってしまっても、このトラックならコントロールを失いません。四駆の技術が、とにかくトロフィーの楽しさを広げてくれました。
「楽しさ」の歴史
HPIのモットーは、「1986年から楽しさを提供し続けること」です。このモットーを信念にしている私たちは、実車のレーシングカーをR/Cカーとして再現するプロジェクトが大好きで、ワクワクします。私たちHPIのR/Cカーに対する情熱は、モータースポーツに対する愛好心の表れなのです。

フルセット完成モデル(RTR)で、すぐ楽しめる!
デザートトラックボディー
ボディーには、実車のレプリカグラフィックを採用し、窓からはドライバーフィギュアが見える、リアリティー溢れる3ピースセットボディー
シャフトドライブ4WDシステム
あらゆる路面に対応できる4WDシステムとシャフトドライブの耐久性
メタルギアデフ
強さと耐久性のあるメタルギア
スチールドッグボーン
4コーナー全てにタフなスチールドッグボーンを採用
アルミ製サスペンションアップライト
頑強なアルミ製フロント、リアアップライト
アルミ製ハブ
更に強化され、耐久性あるハブを採用
リアリティ溢れるデザートレーシングタイヤ
YOKOHAMA ジオランダータイヤ
四輪インディペンデントサスペンション
デザート特有の溝や凹凸などのショックを吸収
オイルショック
オイルショックで、サスペンションの減衰力がスムースに
セレーテッドショックボディ
ショックのバネの強さを簡単に調整可能
リアリティー溢れるスペアタイヤ
軽量なスペアタイヤをトラックの荷台に搭載
リアリティー溢れるインテリア(ドライバーフィギュアセット付)
リアリティーを追求したインテリアには、ドライバーフィギュアとナビゲーターを追加しました。
調整可能なスリッパークラッチ
スリッパークラッチが駆動系を保護します。どんなコースのコンディションにも調整可能。
ボールベアリング
駆動系の効率化とメンテを減らすためのボールベアリング
スキッドプレート
バンパーフロント、リアスキッドプレートバンパーが、クラッシュから保護します。
ボディーマウント
調整可能なボディーマウントで、ボディーの高さや幅を微調整できます。
シャーシ
耐久性の高いナイロン製バスタブシャーシを採用。
ロールバー
インテリアロールバー搭載で、ルックスだけでなく、クラッシュからも保護します。
互換性のあるホイール
1.9インチホイールは12ミリの六角ハブ付なので、色々な種類のホイールを楽しむことができます。
12ミリの六角ハブ
業界標準の12ミリの六角ハブを使用しているので、様々なオプションホイールに互換性があります。
デザートトラックサスペンション
グリップ力のあるデザートトラックサスペンションは、リアリティーが溢れています。
ブラシレス対応可能
ブラシレスに対応可能な頑丈なギアボックス
仕様: 長さ: 533.4mm 幅: 233mm ホイールベース: 312mm 高さ: 162mm
www.hpiracing.com www.tsamotorsports.com
HPI Racing - HESCO - Red Olive - Summit Machine - Lightforce Performance - SPARCO - RCP Race Car Prototypes - The Gravel Crew
TSAモータースポーツについて TSAは、オフロードモータースポーツで最もエキサイティングなチームの1つです。20年以上のオフロードレースの経験を持つ、おとなしいけれど熱心な性格のDallas Luttrell氏と、少々無謀で競争心の強いBill “Wild Bill” Billington氏のコンビが特徴的です。ロッククローリングのプロとして活躍していた時、彼ら自身はもちろん、ロッククローリングというスポーツや彼らのスポンサーたちを訴求していくことにも成功しています。そんな彼らの情熱が、デザートレーシングにも影響しています。 TSAマーケティング担当: ScottG / GravelCrew: Bajascribe@yahoo.com 714.280.7392 HPIについて HPI (Hobby Products International)は、アメリカ、カリフォルニア州で1986年に創設されました。ホビー産業のラジコンレーシングの世界で、世界的なリーダーとして飛躍を続けています。HPIグループは、本社HPI Inc.(アメリカ、カリフォルニア州)、エイチ・ピー・アイ・ジャパン(日本)、HPI Europe(イギリス)を拠点にHPI製品を提供しています。HPIグループは、コレクターズアイテムのミニカーや、Hot Bodiesブランドのレースカー、456MB電動ラジオコントロールエアプレーンシリーズ、ラジオコントロールロボットなどを、日本や台湾など海外で製造してきています。HPIは、ゼネラル・モーターズ、フォード・モーター、ランボルギーニ、ダイムラー・クライスラー、ロータス、ホンダ、ポルシェなど、日本、アメリカ、ヨーロッパの大手自動車メーカーや、スパルコ、マキシス、ファルケン、ビルシュタイン、モチュ-ル、ハンコックタイヤ、ヨコハマタイヤ、アイバッハスプリングなどのエクイップメントメーカーとライセンス契約を結んでいます。HPIは、アルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、カナダ、中国、デンマーク、イギリス、エクアドル、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、アイスランド、イタリア、オランダ、香港、ハンガリー、日本、韓国、マレーシア、レバノン、ニュージーランド、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、シンガポール、南アフリカ、スペイン、スウェーデン、スイス、台湾、トルコ、タイ、アメリカなどの国々で、海外販売しています。 HPI本社: www.hpiracing.com エイチ・ピー・アイ・ジャパン: www.hpiracing.co.jp SNOREについて SNORE(南ネバダオフロード愛好会)は、ネバダ州ラスベガス地域でデザートレーシングを広めるたオフロードデザートレーサーたちの集まりです。1969年に家族や友人たちが集まって設立されたグループで、南西部のレーシング場で大きな影響力を持つほどになりました。世界でも一番古いオフロードレーシング協会です。フォルクスワーゲンビートルから、バギー、ピックアップトラック、更にはハイエンドな改造制限のない高級車まで、どんなタイプの車でもレースが出来る環境を提供しています。SNOREでは、南ネバダのグリースウッドの生い茂った地帯や、中央ネバダの松が点在する地帯、南カリフォルニアの分解されたみかげ石の巨石のある地帯など、 250マイル(約400km)から400マイル(約650km)までのレースを運営しています。レーサーたちの安全、デザートの環境保護、野生動物の保護に取り組む姿勢が、SNOREの成功の鍵を握っています。SNOREはメンバーのために、これからも安全で楽しく、チャレンジングなコースを提供していきますので、是非レースにご参加ください。
#103036 ミニトロフィーRTR DT-1トラックボディー (JP)
ミニトロフィーRTR DT-1トラックボディーは、15ターンモーター、スピードコントローラー、ステアリングサーボ、プロポシステム、塗装済・カット済ボディ、一式が付属したフルセットモデル。取扱説明書、HPI RCカーDVDが付いています。

Select your region:

Select your language:

Get more HPI! Login to MYhpi now!